抵当権抹消手続きとは

ローン家を売る際には、素人には手続きがなかなかややこしい登記関係の手続きが必要となります。
そのひとつに抵当権抹消手続きがあります。
抵当権とは、マイホームを建てる際に住宅ローンなどを組む際に、金融機関が土地や建物を担保として貸し付けを行っていることを表すものです。
抵当権を申請しておくと、住宅ローンの返済が滞った際に、土地や建物の資金を融資した金融機関などが差し押さえのうえ、売り払うことが許されています。
住宅ローンの残債がある状態で抵当権が付いたままの家を買おうとする人は誰もいないでしょう。
したがって、不動産の売却においては、抵当権を登記簿から抹消しておかなければなりません。そのために行う手続きを抵当権抹消手続きと言い費用がかかります。

住宅ローンの支払いが完了していても抵当権がついたままの状態で売却することはできないため、売却額でローンを完済して抵当権の抹消手続きをしなければなりません。法務局に足を運んで自分自身で抹消手続きをすれば、1件あたりの登録免許税1,000円だけで済みます。相談窓口に専門の職員がおり、やり方について丁寧に教えてくれますが、提出が必要となる書類の多さ、複雑さから、司法書士に依頼することが多いようです。