抵当権抹消手続き費用と必要書類

司法書士に抵当権抹消手続きを依頼する場合は、一概には言えないものの依頼料として10,000円~30,000円ほどが必要となります。専門家に依頼することになるため、印鑑証明などの最低限の書類を準備するだけで、あとの手続きは全て一任することができます。

抵当権を抹消するために必要となる書類には、

  • 抵当権抹消申請書
  • 登記事項証明書
  • 登記原因証明情報
  • 抵当権設定時の登記済証
  • 委任状
  • 代表者事項証明書

などがあります。

抵当権抹消申請書は、ネットでひな形をダウンロードして自分で作成する必要があり、その他にも銀行から必要書類をもらったり、法務局で登記謄本をもらったりと、さまざまな手続きが必要となります。(参考:不動産売却の査定~引渡し手順 – 家を高く売る研究

相談多少費用がかかったとしても間違いのない手続きを迅速に行うためには、司法書士に依頼した方が賢明と言えるでしょう。
このほか、住民税や所得税、引っ越しにかかる費用、ハウスクリーニング代など、想定していない諸費用がかかります
家を売ったことによって家計が苦しくなるようなことにならないよう、資金計画は専門家を交えて、事前から十分に相談しておくことが必要です。
不動産会社によっては、家を売る相談をした段階からさまざまな手続きや費用が必要になることをアドバイスしてくれるところもあります。仲介手数料という利益を得ることだけでなく売主の身になって相談してくれる業者を選ぶようにしましょう。